一般社団法人 日本生物教育学会|The Society of Biological Sciences Education of Japan [SBSEJ]

文字のサイズ:小さく大きく標準

トップページ > 学会誌最新号 > バックナンバー

学会誌

学会誌バックナンバー

|生物教育 第59巻 第2号(2018)

生物教育 第59巻 第2号(2018)

<目次>

-----■研究報告-----
○タブレットを用いたシミュレーション活動が中学校理科での遺伝の規則性の学習と優性の概念へ与える影響/佐藤綾・山野井貴浩・柏木 純・青木悠樹 p.64

-----■研究資料-----
○メダカ由来細胞の顕微鏡観察を教材化する試み―動物細胞の動きを実感できる中学校理科の授業―/永山昌史・坂本一真・和泉里菜 p.75
○小学校理科の教科書に記載されている生物とそれら生物の名称に関する教員養成学部生へのアンケート調査/佐藤 綾 p.83

-----■特集:第102回全国大会シンポジウム-----
○生物教育の学びを再考する/森本弘一 p.95
○新学習指導要領における理科教育を考える―小・中理科の改訂のポイントから―/藤枝秀樹 p.97
○生物教育の学びを再考する―小学校における生物の多様性を感じる実践から―/松山明道 p.99
○「すてきな集団」の中「活発な学習態度」で「何を」学ぶか/井上一平 p.102
○主体的,対話的で深い学びを促す高等学校の生物教育における取組/溝上広樹 p.104
○これからの生物教育を担える教員養成・研修の試み―愛媛大学での取り組みを中心に―/向 平和 p.108

-----■会員の広場-----
○生命尊重の態度を育てるメダカの教材化について―教室で採卵するための飼育と発生過程の観察法―/岩崎正彦・鳩貝太郎 p.110
○高等学校「生物基礎」の用語について―初版と改訂版教科書の比較に関する前報の修正と用語に関する追加情報―/中道貞子 p.114
○[新刊紹介]『雑草は軽やかに進化する―染色体・形態変化から読み解く雑草の多様性』/米澤義彦 p.118
○[新刊紹介]『プラナリアたちの巧みな生殖戦略』小林一也・関井清乃 共著 裳華房/鈴木恵子 p.119

-----■学会記事-----
○2016年度神奈川支部活動報告 p.120
○平成29年度大学入試センター試験問題の検討結果 p.122
○一般社団法人日本生物教育学会2017事業年度第2回通常理事会議事録 p.130
○一般社団法人日本生物教育学会2017事業年度第3回通常理事会議事録 p.131
○一般社団法人日本生物教育学会2017事業年度定時代議員会議事録 p.133
○2017年度学会賞受賞者とその推薦理由 p.138
○外部団体との連携についての報告 p.139
○一般社団法人日本生物教育学会2018事業年度第1回通常理事会議事録 p.141
○日本生物教育学会第102回全国大会(熊本大会)報告 p.142
○第23回教科「理科」関連学会協議会(CSERS)シンポジウムのご案内 p.145
○会員情報の変更等について p.146

-----■表紙-----
○テナガショウジョウバエ(Drosophila prolongata)の配偶行動と闘争行動/写真と文 髙森久樹
Japanese Journal of Biological Education
Published by the Society of Biological Sciences Education of Japan
Volume 59, Number 2, April 2018

学会誌PDFダウンロード(会員のみ)
(PDFファイル39.7MB)

学会誌PDFをご覧いただくには
会員専用のID・パスワードが必要です。

(IDとパスワードは学会員へ郵送またはその他の手段にてお知らせしております。)

|生物教育 第59巻 第1号(2017)

生物教育 第59巻 第1号(2017)

<目次>

-----■研究論文-----
○小学校における胚発生の観察方法に関する実践的研究―固定胚の活用方法の提案―/中村依子・須山実咲・向 平和・日詰雅博 p.2
○カイコの自然免疫―血球の食作用と抗菌タンパク質の誘導合成―/杉村順夫・森本弘一・尾山  廣 p.10

-----■研究報告-----
○高等学校「生物基礎」教科書における用語と頁数について―初版と改訂版の比較―/中道貞子 p.19

-----■研究資料-----
○PCR法によるDNAマーカーを用いたファストプランツの遺伝実験/濱田由鶴・日詰雅博・向 平和・中村依子 p.26
○海洋性発光バクテリアの教材化について/前川 洋・金澤昭良 p.30

-----■会員の広場-----
○高等学校学習指導要領理科における観察・実験の扱いの変遷/中道貞子 p.35
○[生物教材Q & A]減数分裂の二価染色体は何本の染色体から構成されているのか?/矢野光子・米澤義彦 p.38
○[生物教材Q & A]タマネギ発芽種子を用いた体細胞分裂の観察のためには午前中に固定をしなければならないのか?/本橋 晃・半本秀博 p.43
○ヨーロッパ科学教育学会隔年会議(ESERA17)報告―アイルランド国際会議に参加して―/岩間淳子  p.47

-----■学会記事-----
○平成28年度九州支部活動報告 p.51
○日本生物教育学会第103回全国大会(愛知大会)のご案内 p.55
○「生物教育」投稿規定 p.56
○「生物教育」投稿原稿作成要領(2017年10月3日改訂) p.57
○会員情報の変更等について p.60

-----■表紙-----
○ヒメダカの生きた胚と固定胚/写真と文 中村依子
Japanese Journal of Biological Education
Published by the Society of Biological Sciences Education of Japan
Volume 59, Number 1, December 2017

学会誌PDFダウンロード(会員のみ)
(PDFファイル49.5MB)

学会誌PDFをご覧いただくには
会員専用のID・パスワードが必要です。

(IDとパスワードは学会員へ郵送またはその他の手段にてお知らせしております。)

|生物教育 第58巻 第3号(2017)

生物教育 第58巻 第3号(2017)

<目次>

-----■研究報告-----
○高大連携による高校生のための分子生物学実験の実践―「遺伝子」のより深い理解を求めて―/井上陽子・大友麻子・高橋千果・森屋宏美・大貫優子・谷口泰史・和泉俊一郎・秦野伸二 p.98

-----■研究資料-----
○簡単で安価な電気泳動装置の開発による実践的な電気泳動実験/倉林 正・武村政春 p.114
○DNAリガーゼの作用を検証する生物実験/本橋 晃  p.122

-----■特別寄稿:日本生物教育学会第101回全国大会特別講演-----
○絶滅した生物" 首長竜":講演録/佐藤たまき p.130

-----■会員の広場-----
○[生物教材Q & A]酢酸オルセイン染色による体細胞分裂の観察はどうしてうまくいかないのか?/本橋 晃・米澤義彦 p.138
○[新刊紹介]『となりの生物多様性―医・食・住からベンチャーまで―』/山野井貴浩 p.142
○コケ植物の仮根の水分吸収に関する研究の紹介/米澤義彦 p.144
○中学校理科で「分解者」をどのように定義すべきか―生物教育と土壌生態学の視点から―/佐藤 綾  p.147
○児童が生命の尊さを実感できる「着床」模式図の提案/新井しのぶ・石田靖弘・相良康弘 p.152
○アジア生物学教育協議会第26回隔年会議(AABE26)報告/大鹿聖公 p.155

-----■学会記事-----
○日本生物教育学会第102回全国大会(熊本大会)のご案内(第2報) p.159
○会員情報登録についてのお知らせとお願い p.161
○2017年度日本生物教育学会学会賞(功績賞,論文賞,奨励賞)候補者の推薦について p.162
○2016事業年度(2015年11月~2016年10月末)第3回通常理事会報告 p.163
○2017事業年度(2016年11月~2017年10月末)第1回通常理事会報告 p.166
○正誤表 p.167

-----■表紙-----
○酢酸バイオレット染色―押しつぶし法で作製したタマネギ発芽種子根端分裂組織の顕微鏡写真/写真と文 米澤義彦
Japanese Journal of Biological Education
Published by the Society of Biological Sciences Education of Japan
Volume 58, Number 3, July 2017

学会誌PDFダウンロード(会員のみ)
(PDFファイル56.2MB)

学会誌PDFをご覧いただくには
会員専用のID・パスワードが必要です。

(IDとパスワードは学会員へ郵送またはその他の手段にてお知らせしております。)

|生物教育 第58巻 第2号(2017)

生物教育 第58巻 第2号(2017)

<目次>

-----■研究論文-----
○黄化芽生えの徒長とジベレリンの関係から植物の環境応答を学ぶ実験教材の開発/園山 博・渥美茂明 p.30

-----■研究報告-----
○ブタ心臓の解剖実験の導入とその効果―中学校第2学年「生命を維持する働き」を事例として―/山田貴之 p.38

-----■研究資料-----
○ヒトの骨格に関する小学校教員志望学生の認識状態について~腕の骨を題材として~/佐々木智謙・佐藤寛之・松森靖夫 p.45

-----■特集:公開シンポジウム-----
○[新刊紹介]『珪藻美術館』/金井塚恭裕 p.51
○これからの生物教育を考える~次期学習指導要領の方向性から~/藤枝秀樹 p.55
○オーダーメード教育,生涯学習のための『探究』/福田公子 p.57
○2年必修選択 生物基礎(探究)の試み―生物教育で何を身につけるべきなのか―/白石直樹 p.60
○自ら考え,学び合い,表現する子の育成―学びに向かう力を育てる指導の工夫―/手代木英明 p.62
○次世代の資質・能力育成を目指して OECDとの共同による「次世代対応型指導モデルの研究開発」プロジェクトより/鎌田正裕 p.65
○パネルディスカッションの記録:生物教育における深い学びとは?~小中高をつないで「探求」の在り方を考える~/大野智久 p.67

-----■学会記事-----
○平成27年度 九州支部活動報告 p.69
○平成28年度大学入試センター試験問題検討結果 p.73
○一般社団法人日本生物教育学会 第2回通常理事会議事録  p.82
○日本生物教育学会 第101回全国大会(東京大会)報告 p.84
○2016年事業年度代議員会報告 p.87
○日本生物教育学会第102回全国大会のご案内(第1報) p.92
○第22回教科「理科」関連学会協議会(CSERS)シンポジウムのご案内 p.93
○正誤表 p.94

-----■表紙-----
○フタホシコオロギ脳のキノコ体と単離された大型ケニオン細胞/写真 吉野正巳・浦野吉正,文 吉野正巳
Japanese Journal of Biological Education
Published by the Society of Biological Sciences Education of Japan
Volume 58, Number 2, March 2017

学会誌PDFダウンロード(会員のみ)
(PDFファイル36.0MB)

学会誌PDFをご覧いただくには
会員専用のID・パスワードが必要です。

(IDとパスワードは学会員へ郵送またはその他の手段にてお知らせしております。)

1  2  3  4  5  6  7  8  9

※PDFファイルをご覧いただくためには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。Adobe ReaderをインストールすることでPDFファイルの閲覧・印刷が可能となります。お持ちでない方は、下のリンクをクリックし、手順に従い最新のソフトをダウンロードしてご覧ください。 Microsoft、Windows、Internet Explorerをお使いの方は、PDFダウンロードを右クリック→「対象をファイルに保存」を選んでパスワードを入力後、学会誌PDFをダウンロードする方法もあります。

※ Adobe、Adobeロゴ、Readerは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の米国ならびに他の国における商標または登録商標です。 Microsoft、Windows、Internet Explorerは米国Microsoft Corporationの米国ならびに他の国における登録商標です。 Windowsの正式名称は、Microsoft® Windows® Operating Systemです。 Internet Explorerの正式名称は、Microsoft® Internet Explorer Internet browserです。

Adobe Readerのダウンロード