一般社団法人 日本生物教育学会|The Society of Biological Sciences Education of Japan [SBSEJ]

文字のサイズ:小さく大きく標準

学会の概要

一般社団法人 日本生物教育学会へようこそ

一般社団法人日本生物教育学会は、生物教育の理論と実践について研究し、わが国の生物教育の向上と発展を図ることを目的に活動しています。本会は、1947年に日本生物教育研究会として発足し、1955年に日本生物教育学会と名称を改め、わが国の生物教育の向上と発展を目指して活動を続けてきました。そして2016年4月1日に一般社団法人日本生物教育学会となり、任意団体としての日本生物教育学会の活動を継承して新たに出発いたしました。本会は全国大会を1月に開催し研究発表やシンポジウム、ワークショップなどを行っています。また、支部が実施する生物教育に関する活動の支援などを行っています。
会誌「生物教育」は年に3号を発行し、会員の研究論文や生物教育に関わる資料、教材などを載せています。

本会は、学校教育や社会教育の場で活動している教育関係者や研究者及び生物教育に関心をもつ方や学生など様々な分野の会員で構成されています。また、理科教育関係の6学会で構成している教科「理科」関連学会協議会(CSERS)や生物科学系学会で構成している生物科学学会連合(生科連)、理数系学会教育問題協議会にも加盟し、他学会との連携を深めています。

|お問合せ先

一般社団法人 日本生物教育学会 事務局

〒113-0033 東京都文京区本郷2-26-11 浜田ビル6階
中西印刷株式会社東京営業部内
電話(03)3816-0738
ファクス(03)3816-0766
メール:sbsej●nacos.com (●を半角@に変更してお送りください)

会長あいさつ

会長就任にあたって

日本生物教育学会会長 真山茂樹

昨年実施された会長候補者選挙において学会員の皆様から信任を頂き、2020年1月10日の理事会決議により、渥美茂明前会長の後任として日本生物教育学会の会長職を拝命しました。これまで、学会誌「生物教育」の編集委員長および副会長として学会の運営に参画してきましたが、70有余年の歴史と、900近い個人と団体の会員をもつ学会の責任者となり身の引き締まる思いがします。理事諸氏と共に学会のさらなる発展に向けて努力いたしますので、会員皆様のご支援、ご協力を賜りますようどうぞよろしくお願いします。

生物教育学は理科教育あるいは科学教育の中で、生き物に特化した内容を扱う分野です。とはいえ、扱われる生物の内容は先端的な生命科学の現象から身近な生き物や環境までを含む幅広いものです。また、教育研究の内容は教材、カリキュラム、授業実践、教育史、生命倫理、指導法、教員養成、研修など様々です。生き物を扱う教育は、すでに幼稚園から始まりますので、その対象には多様な子ども、多様な学校種が存在します。地域により生育する種や生態系は異なりますし、環境によって生物の応答も異なります。さらに、これらの違いは国が違えば一層大きなものとなります。このように生物を学ぶ人も、扱われる生物の内容も多様ですので、私達の探究心をかき立てる研究テーマは随所に存在しています。折しも新学習指導要領では、「学び方」や、能力と表記された「コンピテンシー」の育成などが明確化されましたが、これらに関する研究は生物教育においても強化される必要性があるでしょう。加えて、SDGsが謳われる今日、国際理解や交流といったグローバルな取り組みもますます重要になってきました。生物教育のよりよい発展には、教職、研究職を問わず、あらゆる会員による研究、研修、情報交換が大切です。皆さまと共に日本生物教育学会のさらなる前進を続けていきたいと思います。

2020(令和2)年1月