一般社団法人 日本生物教育学会|The Society of Biological Sciences Education of Japan [SBSEJ]

文字のサイズ:小さく大きく標準

学会の概要

一般社団法人 日本生物教育学会へようこそ

一般社団法人日本生物教育学会は,生物教育の理論と実践について研究し,わが国の生物教育の向上と発展を図ることを目的に活動しています。本会は,1947年に日本生物教育研究会として発足し,1955年に日本生物教育学会と名称を改め,わが国の生物教育の向上と発展を目指して活動を続けてきました。そして2016年4月1日に一般社団法人日本生物教育学会となり、任意団体としての日本生物教育学会の活動を継承して新たに出発いたしました。本会は全国大会を1月に開催し研究発表やシンポジウム,ワークショップなどを行っています。また,8月には野外実習や調査活動などを行っています。
 会誌「生物教育」は年に3号を発行し,会員の研究論文や生物教育に関わる資料,教材などを載せています。

本会は,学校教育や社会教育の場で活動している教育関係者や研究者及び生物教育に関心をもつ方や学生など様々な分野の会員で構成されています。また,理科教育関係の6学会で構成している「教科理科関連学会協議会(CSERS)」や生物科学系学会で構成している「生物科学学会連合(生科連)」,理数系学会教育問題協議会及び教育関連学会連絡協議会にも加盟し,他学会との連携を深めています。

|お問合せ先

一般社団法人 日本生物教育学会 事務局

〒113-0033 東京都文京区本郷2-26-11 浜田ビル6階
中西印刷株式会社東京営業部内
電話(03)3816-0738
ファクス(03)3816-0766
メール:sbsej●nacos.com (●を半角@に変更してお送りください)

会長あいさつ

日本生物教育学会会長に就任するに当たって

日本生物教育学会会長 渥美茂明

本年4月より学会員の皆様のご推薦を頂き,米澤義彦前会長の後を受け,日本生物教育学会の会長職を拝命致しました.これまで、学会誌「生物教育」の編集委員長と学会の副会長を務めてきましたが、学会の責任者になることの重みを,今更のように深く受け止めています。来年には日本生物教育研究会設立から70周年を迎える日本生物教育学会は,去る4月1日に一般社団法人として新たな歩みを始めました.学会の歴史の重みを感じつつ,会員のみなさまの変わらぬご支援とご指導のもと理事諸氏と共に,さらなる発展に向け力を尽くす所存です.どうかよろしくお願い申し上げます.

今年は一般社団法人に移行して,最初の年になります.今までのように,毎年1月初旬に開催される全国大会に合わせて,決算を含む事業報告と予算を含む事業計画を公表するために,本学会の事業年度が11月から始まるようになります.一方,従来の生物教育学会は,3月31日を年度の区切りとしているために,一般社団法人の生物教育学会の最初の事業年度は変則的に,4月1日から10月31日までの7ヶ月となります.これに合わせて変則的な会費となりますが,会員の皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします.新組織になって最初の1年半ほどは,役員一同にとっても未体験の学会の運営となります.

最後になりましたが,先般の熊本地震によって被災された学会員の皆様と熊本・大分両県の皆様にお見舞い申し上げます。とりわけ,来年1月に熊本大学で開催予定の第101回全国大会の準備に当たられていた学会員の皆様のご健勝をお祈り申し上げます。この震災で,会場に予定しておりました熊本大学教育学部も多大な被害を被られ,渡邉重義会員(実行委員長)から代替地での開催の要請を受けました。真山茂樹会員(理事・副会長)からのご提案により,5月22日の理事会において第101回全国大会を東京学芸大学で開催することを決定しました。多難な船出となりましたが,学会員各位とともに,生物教育のさらなる発展を目指して前進したいと決意を新たにしております。

2016(平成28)年5月