一般社団法人 日本生物教育学会|The Society of Biological Sciences Education of Japan [SBSEJ]

文字のサイズ:小さく大きく標準

トップページ > 大会・イベント一覧 > 生科連公開シンポジウム「持続可能な社会を目指して生物科学は何ができるのか」~生物科学系学会のあり方を考える~

大会・イベント

2018年9月26日

生科連公開シンポジウム「持続可能な社会を目指して生物科学は何ができるのか」~生物科学系学会のあり方を考える~

カテゴリ:

場所:東京大学本郷キャンパス 理学部2号館講堂
日時:平成30年10月1日(月) 14時40分~18時30分 
(意見交換会 理学部2号館223教室18時30分~20時、要事前申込)

 

<プログラム>
司会進行
小林武彦生科連副代表

14:10~ 受付開始(*1)
14:40  開会
14:40-14:55 中野明彦生科連代表より本シンポジウムの趣旨説明
14:55-17:00 加盟学会によるスピーチ(*2)
17:00-17:10 休憩
17:10-18:25 パネルディスカッション「生物科学と人類の未来」
  ―持続可能な人類の発展のために生物科学系学会は何ができるか―
    オーガナイザー:中野明彦生科連代表
    パネリスト(敬称略):
      杉本亜砂子(分子生物学会)、三村徹郎(植物学会、 植物生理学会)、
      佐藤隆一郎(農芸化学会)、岡部繁男(解剖学会)、岡良隆 (動物学会)、
      岸本健雄(自然史博物館準備委員会)、小林武彦(遺伝学会)
18:30-20:00 意見交換会
    理学部2号館223教室
20:00 閉会

 

(*1)意見交換会に参加される方は会費3,000円をお支払いください
(*2) 加盟団体におかれましては、各代表者の方に4分以内のプレゼンをお願いいたします。

お話いただきたい内容は以下の通りです。
1、学会の概要(会員の属性など)、活動内容、課題(会員数の減少など)、
2、SDGsなど、社会との関わり
3、関係の深い他学会(合同開催経験や会員のオーバーラップが多いなど)
4、生科連の活動について、期待するところなど。