一般社団法人 日本生物教育学会|The Society of Biological Sciences Education of Japan [SBSEJ]

文字のサイズ:小さく大きく標準

トップページ > 大会・イベント一覧 > 一般社団法人 日本生物教育学会第103回全国大会のご案内

大会・イベント

2018年5月24日

一般社団法人 日本生物教育学会第103回全国大会のご案内

カテゴリ:

日本生物教育学会会員各位


日本生物教育学会会長 渥美 茂明

第103回全国大会会長 菅沼 教生

第103回全国大会実行委員長 大鹿 聖公


日本生物教育学会第103回全国大会を、下記の通り開催します。会員の方をはじめ、理科教育関係の方々が多数ご参加くださいますよう、ご案内申し上げます。

1.期日

平成31年(2019年)1月12日(土)・13日(日)

2.会場

愛知教育大学(〒448-8542 愛知県刈谷市井ヶ谷町広沢1)

3.主催

一般社団法人 日本生物教育学会

4.共催

愛知教育大学

5.後援

文部科学省(予定)、愛知県教育委員会、刈谷市教育委員会

6.日程

(研究発表の演題数等によって、変更する場合があります)

第1日目:1月12日(土) 第2日目:1月13日(日)
8:30~ 受付  8:30~ 受付
9:30~12:15 研究発表(口頭)  9:00~11:00 研究発表(口頭)
13:00~14:45 研究発表(口頭) 11:15~12:30 公開講演
15:00~17:30 シンポジウム 13:00~15:30 ワークショップ(一般・施設)
17:45~18:15 会員の集い ポスター発表(一般・高校生)
18:30~20:30 懇親会

7.参加登録:詳細は大会ウェブサイトを参照(夏頃開設予定)

  • ◎費用
    • 参加費:(正会員)\6,000、(学生会員)\3,000
    • 懇親会費:(正会員)\5,000、(学生会員)\3,000
  • ◎事前参加登録・研究発表申込〆切
    • 2018年11月22日(木)

8.企画

  • ◎公開講演
    • 演題:「学校と博物館の連携は何のために」(仮題)
    • 演者:小川義和(国立科学博物館 連携推進・学習センター長)
  • ◎シンポジウム:「主体的・対話的で深い学びを誘う授業イメージと理想の教科書」
    • コーディネーター:田代直幸(常葉大学)
    • シンポジスト:
      菅野治虫(埼玉県立浦和高等学校)
      佐野寛子(東京都立国際高等学校)
      吉川靖浩(名城大学附属高等学校)
      原田吏(広島県立向原高等学校)
  • ◎ワークショップ
    • 愛知県を中心に東海地方の自然系社会教育施設の学芸員・専門家による特別ワークショップを開催します。また、例年通りの参加者が体験できるワークショップも開催します。簡単な実験観察の紹介、自作教材・教具の作製・展示、施設の教育プログラム紹介などを予定しています。
  • ◎高校生発表
    • 例年のように、高校のクラブ活動や課題研究などの成果発表を、ポスター発表の部で受け付けます。ふるってご応募ください。

問い合わせ先

〒448-8542 愛知県刈谷市井ヶ谷町広沢1 愛知教育大学・大鹿研究室内
日本生物教育学会第103回全国大会実行委員会
E-mail:ohshika@auecc.aichi-edu.ac.jp
TEL:0566-26-2362