一般社団法人 日本生物教育学会|The Society of Biological Sciences Education of Japan [SBSEJ]

文字のサイズ:小さく大きく標準

トップページ > 一般書籍紹介一覧 > ちょっと待ってケナフ!これでいいのビオトープ? -よりよい総合的な学習、体験活動をめざして

一般書籍紹介

2011年7月20日

ちょっと待ってケナフ!これでいいのビオトープ? -よりよい総合的な学習、体験活動をめざして

上赤博文(佐賀県教育センター)
「ちょっと待ってケナフ!これでいいのビオトープ?
よりよい総合的な学習、体験活動をめざして」
地人書館 2001.11 ¥1,800+税


「環境保全活動」として急速に広がりつつあるケナフ栽培やビオトープづくり、身近な自然
を取り戻そうと放流されるメダカやホタル。しかしこれらの行為は、かえって環境破壊につな
がってしまうこともあるのです。
それはなぜなのでしょうか?では、どうしたらいいのでしょうか?
本書は、生物多様性保全の視点から生き物を扱うルールについて掘り下げ、今後の自然
保護体験活動のあり方を提案します。
(カバーの内容紹介文より)


(内容)序章 ちょっと待ってケナフ!これでいいのビオトープ?/第1章 なぜケナフは注目されているの?/第2章 広がるケナフの輪/第3章 ケナフの疑問-帰化の可能性/第4章 ケナフは本当に地球に優しいか?/第5章 外来種って、何?/第6章 国際的に保全が叫ばれている生物多様性/第7章 善意が引き起こす環境破壊/第8章 これからの体験活動を考える

当ページでは、著作権等に抵触せず書籍などの表紙画像を掲載・紹介させるため、アフィリエイトプログラムを利用しています。 リンクをクリックすると書籍販売ページへ移動しますが、リンク先ウェブサイトについては一切保証いたしません。リンク先ウェブサイトのご利用にあたっては、各ウェブサイトの利用条件に従ってください。