一般社団法人 日本生物教育学会|The Society of Biological Sciences Education of Japan [SBSEJ]

文字のサイズ:小さく大きく標準

トップページ > 過去のお知らせ一覧 > 生物科学学会連合から熊本地方の教育研究機関に対する緊急の財政支援を政府に要望する声明を提出

過去のお知らせ

2016年4月25日

生物科学学会連合から熊本地方の教育研究機関に対する緊急の財政支援を政府に要望する声明を提出

カテゴリ:

生物科学に関する30の団体から構成されている「生物科学学会連合」という組織があります。日本生物教育学会も属しております。代表は、中野明彦氏です。

 

このたびの熊本地方の大きな地震で、熊本大学などの研究・教育施設も大きな被害を受けました。

 

日本発生生物学会の上野直人会長から生科連に正式な要望があり,日本生化学会の水島昇会長からも取りまとめの要請がありました。またその間,京都大学の山中伸弥教授が安倍晋三首相に会って,実験動物施設等の被害の窮状を訴え,速やかな支援の約束を取りつけたという報道もありました。

 

このような状況の中,生物科学学会連合では一刻も早く政府に対する要望を表出する必要があると考え、下記の声明を発表し、文部科学省の関係部局に届けることになりましたので、お知らせいたします。

 

生物科学に関する30の団体から構成されている「生物科学学会連合」という組織があります。日本生物教育学会も属しております。代表は、中野明彦氏です。
このたびの熊本地方の大きな地震で、熊本大学などの研究・教育施設も大きな被害を受けました。
日本発生生物学会の上野直人会長から生科連に正式な要望があり,日本生化学会の水島昇会長からも取りまとめの要請がありました。またその間,京都大学の山中伸弥教授が安倍晋三首相に会って,実験動物施設等の被害の窮状を訴え,速やかな支援の約束を取りつけたという報道もありました。
このような状況の中,生物科学学会連合では一刻も早く政府に対する要望を表出する必要があると考え、添付のような声明を発表し、文部科学省の関係部局に届けることになりましたので、お知らせいたします。

生物科学会連合 声明