一般社団法人 日本生物教育学会|The Society of Biological Sciences Education of Japan [SBSEJ]

文字のサイズ:小さく大きく標準

トップページ > 一般書籍紹介一覧 > DNAを操る分子たち ~エピジェネティクスという不思議な世界~

一般書籍紹介

2012年8月 7日

DNAを操る分子たち ~エピジェネティクスという不思議な世界~


武村政春 著
DNAを操る分子たち ~エピジェネティクスという不思議な世界
技術評論社 \1580+税

塩基配列の変化以外にDNAに何らかの変化をもたらすことで遺伝子発現をコントロールするしくみ、そしてそれ自身が細胞から細胞へと代を通じて遺伝していくしくみ、それが(もしくはそのしくみを研究対象とする学問が)「エピジェネティクス」と呼ばれます。本書は「エピジェネティクス」のしくみを高校生でも分かるように説明し、DNAの配列だけでは語りきれない生命の不思議に導いていきます。高等学校生物では、これから徐々に分子生物学的内容が多くなり、最先端研究により近づける教育努力が必要になってくると思われますが、本書は、そうした生物教員にとっても役立つ内容となっています。

当ページでは、著作権等に抵触せず書籍などの表紙画像を掲載・紹介させるため、アフィリエイトプログラムを利用しています。 リンクをクリックすると書籍販売ページへ移動しますが、リンク先ウェブサイトについては一切保証いたしません。リンク先ウェブサイトのご利用にあたっては、各ウェブサイトの利用条件に従ってください。